2018年01月01日

東京マルイ 次世代416C チューニング ダイジェスト


分解ダイジェスト
****************************************

416C発売直後のファーストロットを箱出し分解しました。


416Cは前配線ですのでハンドガードをはずさなければなりません。


ハンドガード内にバッテリーを入れる為ダミーガスピストンは取り外します。


前配線の取り付け部が弱いので注意してテイクダウンしないとなりません。


416C専用のリコイルウエイトです。


ここまで分解すれば次世代416Dと変わりはありません。


バッテリーマガジン接続端子部はタイトな作りです。


メカボックスは416C用に追加加工されたNEW Ver.2メカボックスです。


いつもどおり綺麗に洗浄されます。


バレル&チャンバーも次世代416Dと同じ物です。

Z-Tune SpecⅡへのチューン
****************************************

メカボックス外側を鏡面加工にしてあります。
ついでだから磨いてある部分もありますが、
部分的に平面を出してあったり、組み付け時のチリ合わせを確認する為に
磨かれています。


シリンダーはホーニング加工
ピストンレール部はバリ取り、エッジ丸め、鏡面加工。
シリンダー受け部もバリが多かったので綺麗に削ってあります。


ギアーは純正ギアから「強化型R-Tuneギア」に
軸受けは「次世代用5.9mmメタルR-Tune軸受け」に変更されます。
ギア、軸受けとも各部の寸法の変更がされ素材の変更で耐久性向上が期待できます。



トリガーユニットは新次元のトリガーフィーリングを実現する
Big-Out社製 DTM&ミリストロークトリガー・システム。


メカボックス内部のマルイ純正部品はタペット&ノズル、
カットオフレバー、転防止ラッチ、トリガー程度しか残っていません。



普通に組み付けます。



リコイルショック&ボルトアクションはレス(オミット)します。


チャンバーは「Z-Tune SpecⅡ専用セッティングN-1チャンバー」。


「Z-Tune SpecⅡ」のバレルは好評の「純正加工N-1バレル」です。


ハンドガード内にバッテリーを収納する為にアウターバレルからガスブロックまで
かなりの加工をしてあります。


バッテリーへの接続コネクターは外に出してあります。
内部に収納する事も可能でしたが接続作業がひじょうに難しく
また配線を傷付けやすいのでこのようになりました。
*マガジンバッテリーと同時にバッテリーを接続はしないでください。


初速はマルイ0.2g弾で94程度


こんな感じにレールオプションカスタムをするとカッコいいかもしれません。




同じカテゴリー(日記)の記事画像
突撃! 第56回 静岡ホビーショー!! Rev.2
突撃! 第54回 静岡ホビーショー!!
スコープのゼロインの時に
新・焼津スペシャルフォース情報
ありがとう!!焼津スペシャルフォース
突撃! 静岡ホビーショー!!
同じカテゴリー(日記)の記事
 突撃! 第56回 静岡ホビーショー!! Rev.2 (2017-05-12 00:02)
 Twitterはじめました。 (2017-02-20 19:47)
 突撃! 第54回 静岡ホビーショー!! (2015-05-14 21:23)
 スコープのゼロインの時に (2015-01-01 22:51)
 新・焼津スペシャルフォース情報 (2014-10-19 00:40)
 ありがとう!!焼津スペシャルフォース (2014-09-28 21:23)

Posted by サーモン  at 14:58 │Comments(0)日記

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。